38度~40度です。熱い湯に長時間入っていると体調を崩してしまうことがあるので

最近は、ダイエットのために半身浴をする人がふえています。代謝を高めるという半身浴は、どんなやり方をすれば効果が上がるでしょう。全身浴に比べて体への負担が少なく体に良いといわれている半身浴ですが、正しい入浴法をご存知でしょうか。半身浴に用いる湯温は、38度~40度です。熱い湯に長時間入っていると体調を崩してしまうことがあるので、ぬるいと感じるくらいの湯に入るとちょうどいい半身浴ができます。入浴しているうちにお湯の温度が下がってしまう場合もあります。途中でお湯を足して温度を保つようにしましょう。半身浴ダイエットをする場合お湯の量は入浴したときにみぞおちあたりまで浸かる程度が適切です。お湯の量が多すぎると心臓に負担がかかってしまいますので要注意です。半身浴ダイエットに効果的な入浴時間は20分以上だといいます。体がしっかり温まれば、やがて汗をかいてきます。半身浴ダイエットをするときには、体から水分の量がかなり奪われますのでこまめに水分補給をしましょう。手の届くところにミネラルウォーターを置いての半身浴がおすすめです。半身浴ダイエットをするときには、上半身はお湯につかっていません。寒いと感じることもあるかもしれません。あらかじめお風呂のふたをはずして浴室を温めるなど上半身を冷やさないように工夫しましょう。半身浴ダイエットは正しい方法で行うことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ